• 今日は、味噌造り用の麦麹仕込みだ。昨夜来、浸してあった麦をセイロで蒸し、種麹をいれて混ぜて室蓋に移して寝かす作業だ。1時間強蒸した後、軽トラの荷台に乗せたザルに広げ、種麹をいれて混ぜ合わせ、室蓋に入れて寝かしておく。二世帯分の麦蒸し後の炭の中に、アルミホイルに包んだ紅ハルカを潜り込ませ、焼き芋の出来上がり。... 続きを読む
  • 以前からの猛暑に比べ、若干和らいだ気がする。昨日、短パン、半袖でも汗を垂らしながら居間の板壁張りを終えた。水分を絶えず補給しながら、飲んでは汗、飲んでは汗として蒸発してゆく中で。1)↑無臭とは言っても浸透型の塗装は、匂いが漂うので10日ほど日陰で乾燥させては、納屋に仕舞うを繰り返した。2)↑居間には、食器戸棚やらがあり、壁から移動させながらの板壁張りだ。3)↑天井まで高さのあるところは、170cmと70cmほど... 続きを読む
  • 連日の猛暑である。家の中は暑いので、少しでも風が通る影になった屋外で板壁用の製材に専念している。2年前も暑い夏に板壁貼りをやったが、今年は居間の壁を杉板で張り巡らすことにした。(以前の板壁が良かったし、何かに夢中になることで暑さを凌ごうと…)1)↑束で買ってきたままだと湿っていて、まずは乾かすことから。2)↑板の表面は、汚れたり、ささくれたり、見た目上等とは言えない安い板材である。3)↑角を取りカンナ... 続きを読む
  • 栗林の栗の生長を追ってみた。↑おしべ(6/10)↑めしべ(6/10)↑6/23:めしべの時からイガ栗の形であったが殆ど大人の栗だ。↑7/31:実が詰まって下を向き始めている。↑8/12:あちこちの枝で熟すのを待っている。... 続きを読む
  • 家紋を杉板に彫ってみた。我が家の家紋は「丸に立ち梶の葉」。下記の一連の作業は、合間に思い出したようにちょっとづつ進めたので、結果的には長い時間で出来上がった。↑A4の用紙に家紋を印刷して杉板に張付け、まず、鉄ペンで形をなぞって写す。その後、小刀で切込み、トリマで輪郭を彫っていくのだが、葉っぱの葉脈の大きさのトリマビットを持っていなかったので、3mm(欲しかった2mmのストレートビットがなくて)をネット注文... 続きを読む
  • ソファというかベンチというか、それに合せてテーブル作りまでやった。3mの2×4杉材を予備として残して置いたのでそれを使った。天板は子供達の机のそれを残していたので流用。長さ:120cm、巾:65cmに合せて、脚部だけを作る。↑約50cmが3mから6本取れて、端材から60cmを2本、四角に組み合わせ天板を乗せてみる。↑今回は木材色を残さないで、百均の水性ペイント黒を二度塗り。↑二つの脚は、桧の1×4材でつないだ。仕舞うときに... 続きを読む
  • 外をあまり出歩かない、ようにしている。と言っても、この田舎、普段から人との接触は少ないが…。そこで家で何か作ることで、没頭できるのはうってつけだ。↑3mの杉材を手書き図面の木割りに従って切断。↑2mの桧材は、座面と背もたれ用に製材。50cmの巾でちょうど4枚取れるし、背もたれも1mを2枚。↑それぞれの用途に合せて整形。↑先日、作ったのと同じように組立ててゆく。足のあるのは、立たせたまま組んで行くのがゆがみが... 続きを読む
  • 居間に長年使ってきたソファがあるが、へたってきた事もあり、部屋の大きさに合わせ木材で作ったソファに置き換えることにした。↑今回用意したのは、杉の2×4材、桧の1×4材等である。特に杉はKD材と呼ばれる人工乾燥材で割れやひずみが出にくいらしい。無駄のないように綿密に配置した木割りに従って切ってゆく。↑足となる2×4材に横に組み込む2×4材を入れる所を丸ノコとノミで落とす。↑背もたれを張る後ろ足になる箇所は、2... 続きを読む
  • 南日本新聞にキッチンペーパーでマスクを作っている記事があった。安価で簡単そうだったので、早速作ってみる。↑キッチンペーパー1枚半、ビニールタイ(針金、なくてもいい、1本でも充分)、毛糸、のり(両面テープを使ったがこれがいい)↑マスクの作り方1枚5分ほどで完成するとあったが、2枚目はもっと早く出来た。↑こちらは、カミさんの立体マスク手作り途中。... 続きを読む
  • 何かに利用できないかと残して置いた切り株の材を使って、またまた、時計を作った。(以前、Hさん山の切り株から自分で切出した材)↑木材は、乾燥するとひびが入り割れ目が生じる。これぐらいの大きさ(60cm巾ほど)、薄切り(5cm高ほど)した場合、必ずと言っていいほどこうなる。(文字、針、仮置きの状態で左斜め上が裂けている)↑木材のひび割れなど木部補修用には、市販の木工パテがあるが、今回のひびは大きさが大きく、量も... 続きを読む
  • 昔懐かしい古びた木造校舎の教室にあったような小椅子を作った。座る部分が縦横高さ30cmほどの小さな椅子だ。先日作った丸ノコ治具の使い勝手とホゾとホゾ穴だけの組み立てをやってみたかった。↑後脚(50cm)を除いて全て30cmほどの長さに統一して、ホゾの長さ部分を線引き。↑丸ノコ治具を使った丸ノコですじを入れる。↑ホゾは全て三方胴付きとする。↑縦方向は手ノコで切り込みを入れる。↑左から丸く削った状態、四角いホゾの状態、... 続きを読む
  • 丸ノコを使う時は、クランプを使い角度付きの治具を使っていたが、短い角棒やベニヤ板も切れる治具を今回自作してみた。ネットでも色々と紹介されているので参考にアレンジして作った。↑これが、完成形で、縦のアルミに沿わせて、丸ノコを上に動かす。マキタの丸ノコでガイド巾は10cmだ。↑裏面は、表のアルミに90度の角度で取付、切る材を沿わすものだ。中央の切り抜いた所に手を差し込み、角棒などは材ごとつかまえる。板材は60×4... 続きを読む
  • 時計のムーブメントと針、数字符などを幾つかまとめてネット注文していたので、今回新たな壁掛け時計を作ってみた。アクリル板が残っていたので、木造りとは違うイメージで作ってみた。↑文字盤は、不透明アクリル(百均1.2mm厚)にプラスチックローマ数字を配置。↑カバーとして透明アクリル(以前の残り)を上に乗せるので、丸棒を切った4つを配置、針を仮置きしてみた。四角のムーブメントが透けて見えるので、不要のDVD盤を被せる... 続きを読む
  • あちこちに掛時計があるし、スマホで正確な時間も分かるが、それでも昔懐かしい振り子の柱時計を作ってみることにした。時刻を刻む時計のムーブメントは、百均時計からも入手でき手作りも盛んらしい。今回購入したのは、電波振子時計ムーブメントで、それに木材を組み合わせた。1)↑実寸大の図面を描いた後、まず、枠の製作に取りかかった。1本の角材の段階で、トリマを使って溝を掘り、8個に切断。切断角は、手書き図面と計算上... 続きを読む
  • 今年の竹は、田んぼ横を流れる川岸に群生している大名竹にした。大きさも鉢に合えばいいので、こぢんまりした太さだ。門松作りと言っても最近は、寄せ植えの鉢に竹を立てたシンプルな花飾りとしている。節を中心に前後10cmづつ取った長さで切った。細いので手ノコでも非常に切りにくい。(他の2組は前後8cmにしたので、やや切りやすくなった)... 続きを読む
  • いつも間近に控えている高隈山にカミさんと登った。↑いつかは登ってみたいと思っていたが、急遽、突然、今日実現することに…。高隈山7つの連山の中で2番目の高さ(1182m)で中心的な御岳にだ。↑登山口の辺りも紅葉で、楽そうなハイキング雰囲気。↑眼下に鳴之尾牧場が見え、錦江湾が拡がる。↑楽そうと思っていたのは大間違い、途中には鎖場や、↑ハシゴがかかったりゴロゴロした岩場が延々と下ったり登ったり…。↑途中の紅葉の御岳(... 続きを読む
  • 今日は朝から地域のセンターで味噌造りの最終工程だった(8:30~12:00)。1週間寝かした麦麹、一晩浸した大豆などを持ち込み、蒸して混ぜる行程だ。3世帯分を午前中一杯掛けた作業となったようだ。(こちらは、軽トラでの運搬専任だったが…)↑我が家黒大豆↑Kさんが育てた大豆↑センターでの後片付け↑我が家専用黒大豆入り麦味噌↑通常の麦味噌↑おまけのふくれ菓子----我が家の2019年の味噌レシピ---1)小麦 20Kg2)塩(麦麹用) 3kg... 続きを読む
  • 種麹と混ぜて麹菌の発酵を促してから、24時間以上(今回は50時間ほど)、室蓋の中で麹菌が熱を持ちながら白く拡がっていく。最後に発酵の進行を止めるため、塩と混ぜて樽に入れる。↑4つの室蓋の中で発酵(29日12時~)↑最初の夜は布団を掛けていたが、熱を持ちすぎたかも知れない。↑発酵が進んだので、塩と混ぜる前の状態。↑麹菌で白くなっている。↑塩と混ぜて樽に入れる(~31日15時半)来週大豆と混ぜることになる。... 続きを読む
  • 今年も味噌造りが始まった。まずは、麦を蒸して、冷まして麦麹仕込みからだ。↑午前中、小雨模様だったが、外の据え付けのブロック竈に火を入れた。9時から1時間半ほど2段セイロで蒸す。↑取り出して冷ました後、種麹をいれて混ぜ、室蓋に移して寝かす。↑今日は、2世帯分の麦蒸しで、田舎ののどかな半日があっという間に過ぎた。... 続きを読む
  • ↑夏の午前中の日除けのために、東側窓には、ただ単にすだれをぶら下げていた。高い所に設置や取り外しが面倒だし、強い風でばたつくし、見た目もすっきりしないので、いつか、改造しようと考えていた。↑取り外した直後。↑縦に垂らしていたすだれを、横向きに置くように改造するため、すだれを支える桟の取り付けと、上で挟み込む取付が肝心な部分だ。支えの桟はL字金具を使い、外壁への取付は、板の取付釘の位置に合わせた。↑上方... 続きを読む

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター