大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



味噌造り


午前中、地域の料理センターを借りて、大豆と麦、米麹を混ぜての味噌造りだった。
(こちらは運搬役のみだが…)


DSC_2852_sen2.jpg

いつもお世話になっているセンター内。



PB010035_daizu1.jpg

一晩水で浸した大豆。
昨年の黒大豆の出来がいまいちだったので、今年の大豆は白大豆のみで。



DSC_2828_mug1.jpg

麦麹味噌。



DSC_2817_kom1.jpg

白米麹味噌。



DSC_2861_kas1.jpg

おまけのふくれ菓子も2種類。



麦麹造り

DSC_2568_mug3.jpg

麦を蒸して、種麹と混ぜて麹菌の発酵を促してから、24時間以上、
4つに分けた袋の中で麹菌が熱を持ちながら白く拡がっていく。



DSC_2557_mug1.jpg

麦麹の拡大。



DSC_2597_hak2.jpg

白米も全体が綺麗な白色のベールに包まれていく。



DSC_2586_mugsio1.jpg

発酵の進行を止めるため、塩と混ぜて樽に入れる。

来週はこれらを使って味噌造りだ。


麦蒸し

味噌造り用の麦麹仕込みの1日だった。


PA250019_mug1.jpg

一晩浸した麦をセイロに。



PA250023_mak2.jpg

麦と米の二段セイロ。



DSCN2542_mug3.jpg

作業台は軽トラ荷台



PA250031_mug3_1.jpg

熱を取る。



DSCN2559_mug4.jpg

種麹菌と混ぜる。



DSCN2566_kom1.jpg

白米も麹菌と混ぜる。




<ふくれ菓子>
おまけのふくれ菓子作り。

DSCN2564_kas1.jpg

砂糖、小麦粉、重曹に、お茶を混ぜて緑色。



DSCN2570_kas2.jpg

約1時間後。



DSCN2573_kas3.jpg

緑濃くない。



DSC_2534_imo1.jpg

残り火で焼き芋(黄金千貫を)。



パンのアレンジ

ゆっくりゆっくり発酵させてつくったアレンジパンのアップ。


P8250012_pan1.jpg




P8250006_pan2.jpg




P8280002_pan3.jpg




P8280006_pan2.jpg




P8280014_pan1.jpg





パンのゆっくり発酵

イーストを少ししか使わず、ゆっくりゆっくり発酵させて生地を熟成させ、
長時間発酵という方法でつくるカミさんのパン作りを記録した。


1)混ぜる
P8310003_hk0.jpg
全ての材料をかき混ぜる。



2)10分後
P8310004_hk10.jpg
混ぜて室温10分後折たたむようにまとめるだけ。



3)20分後
P8310014_hk20.jpg
さらに室温で10分後中央へ折りたたむだけ。



4)発酵7時間後
P8310005_hk7h.jpg
米用の冷蔵庫で7時間発酵。


5)同量に分割20分ベンチタイム
P8310015_y1.jpg



6)焼く前
P8310027_y3.jpg
ガスオーブンで焼き上げる。


7)焼上り
P8310029_y4.jpg




黒大豆播種

昨年までは、苗箱で芽を出させた後、断根して移植していたが、
今年は、直接播種してみた。

例年になく猛暑が続いたのと、今までとの収穫の比較の意味もある。




DSCN2004_kuro0.jpg

耕耘機で耕した後、手作り畝立機を取付けて、6畝を作り、
今年は、全部黒大豆の17条蒔きとした。


DSCN2009_kuro2.jpg

黒の寒冷紗を被せた、1畝だけは、足りなかったので、白の寒冷紗とした。
(夏場の白は、良くなかった経験もあるが仕方ない)


アクマキ造り

DSCN1172_aku3.jpg

灰汁に浸しておいたモチ米を竹の皮で包んで、3時間強煮込んだアクマキ。

そのままでもいいが、きな粉と砂糖で塗すとぷりぷり食感と共に美味しさが拡がっていく。


DSCN1169_aku1.jpg


保存して置いたいくらでもある雑木を燃料に、
釜からのふきこぼれを注意しながらの3時間もあっという間だった。


DSCN1186_aku2.jpg


クリスマスローズ

P3010055_kuri0.jpg


あちこちに植えてあるクリスマスローズが花を咲かせ始めた。


DSCN0764_kuri1.jpg
1



P3010049_kuri5.jpg
2



P3010050_kuri6.jpg
3



P3010038_kuri3.jpg
4



P3010056_kuri7.jpg
5



P3010043_kuri4.jpg
6



カイズカイブキの剪定

DSCN0585_ibuki_bf1.jpg


カイズカイブキ(貝塚伊吹)は、杉の葉と檜の葉が、混在したような所がある。
天辺は杉状に伸びるし、横は檜の葉状でも深く切りすぎると杉の葉状になってくる。

杉の葉の枝は抜くような透かし剪定を続けていたら、他が伸びすぎてきたので、
今回、全面を薄く剪定することにした。


DSCN0588_ibuki_af1.jpg


横に張り出してくるので、強剪定したくなるが、そうするとスカスカ状態が続くことになる。
若干、葉っぱを残しながらの剪定で気を遣う樹木だ。


DSCN0594_ibuki_af2.jpg


龍の髭(リュウノヒゲ)

DSCN0505_hig.jpg


昨日は、久しぶりに暖かい日和だった。

2,3日前から、裏の畑への出入り口に手を加え、植栽廻りの改良をやっている。



DSCN0491_bf1.jpg

古い竹を25cmほどに切り揃え、二つに割って埋め込み、土留の縁として並べていった。



DSCN0508_aft1.jpg

縁沿いには、庭で増えているリュウノヒゲを分割して植え込んだ。







P1280028_aft2.jpg

一輪車も通れるようにゆったりした幅でカーブを造った。
柵を並べるだけで雰囲気が変わったような気がする。



リュウノヒゲは蛇の髭(ジャノヒゲ)ともいう。
多年草で日陰でも良く育ち、地下茎を延ばして増えていく。

土留縁に竹を埋め込んで使っているので、いつかは朽ちていくだろう。
その間にこんもり茂らし冒頭の写真のように縁を造ってくれればと期待している…。



花壇ー2

雪は降らないが、厳しい寒さが連日続いている。
と言って、炬燵で丸くなるより、外で体を動かしていた方が暖かくなる。

DSCN0449_nk1.jpg

最初の花壇作りで残していたレンガで、庭の植栽の朽ちていた土留をレンガに置き換えた。


P1240012_nk2.jpg

残った個数に合わせて囲みの径も調整した。


P1230002_isi1.jpg

こちらは、先日のクリスマスローズ苗花壇に置き石を並べた。



花壇

P1220016_kadan0.jpg

家裏の畑で、カミさんが沢山のクリスマスローズを育てている。

いままで、竹を横たえて柵としていたが、
先日、花壇用レンガを安く(98円/個)していたので60個ほど購入して並べてみた。



DSCN0424_kadan2.jpg

ある程度デザインを考え、整地して、たこ糸を張り埋め込んでゆくと1日がかりとなった。


DSCN0429_kadan3.jpg

長さ30×奥行5.5×高さ13cmのレッド/オークを、高さ横を揃えて交互に並べる。


P1210010_kadan4.jpg

クリスマスローズ用花壇の出来上がり、
この中に入りきらない種から育てたものが、まだ多くあるが…。

中央には踏み石を並べて通路を確保する予定。
残りのレンガは、他の花壇用に使うつもりだ…。




ガスオーブン試運転

ガスオーブン_20170120


朝から風も強く、雪交じりの寒い1日となった。

プロパンガス、電源接続後、初めてのガスオーブンの試運転だった。

庫内の空焚き後、「玉ねぎマフィン」がこのガスオーブンの初作品となった。

短時間で温度も上がるし、かなり使いやすいとのカミさん評。

P1200002_new1.jpg



作業台兼棚作り

空気は冷たいけど、家の中より外での作業の方がずっと暖かくなる。

カミさんから「台所に作業台とその下に棚を作ってほしい」と頼まれていた…。
それは、テーブルに横付けしたちょっとした対面キッチンの類だった。

そして、その後、偶然にも3人の子供家族からカミさんの還暦祝いにと、
欲しがっていたガスオーブンのプレゼントがあったのだ。

と言うことで、30Kg以上の重さに耐えられ、幅も要るし、そんなに広くないキッチンに、
かつ、床下収納庫に棚の足が乗らないようにと…、要求を満たす設計に追加変更。

1)材料調達
DSCN0370_bf1.jpg

2×4、1×4材、合板、杉板





2)針葉樹合板
DSCN0386_bf_ten1.jpg

ホームセンターで切って運んできたが、更には木材治具を付けて丸鋸で切断。




3)合板の切り込み
DSCN0409_bf_nomi.jpg

ジグソーを使うと思ったが、ジグソーは最初の突っ込みがやりにくいので、
ノミで表、裏から切り込みを入れると、切口も綺麗でこれが一番いいようだ。



4)組立て&仮置き
P1150027_tana_af2.jpg

表側面と裏側面を最初に組立て、それを横板でつなぎあわせる順で作り上げた。
足のあるものを組むときは、下に合板を置き水平をしっかり取った後、
その上に立たせたまま、組上げないと必ずひずみが出るからだ。
ホームセンターで気に入った文様の針葉樹合板があったので、これを天板、棚板に使った。



5)外観
P1150020_tana_af.jpg

横110cm、幅45cm、高さ約80cm





ネット注文したガスオーブン(カミさんの欲していたもの):
リンナイガスオーブン卓上 RCK-10AS コンベック 高速オーブン





門松

PC280079_kadomatu1.jpg



今年も年末恒例の門松作りを行った。
小ぶりの竹を使った鉢植えバージョンとした。


DSCN0172_kad1.jpg

最近残しておいた小さめの竹を用意。



DSCN0175_kad2.jpg

今年は竹の元側から竹ノコを入れたら最後の切り終えがスムーズに行った。
節を中心に前後10cmに印し兼ササクレ防止にテープを貼る。


PC280065_kad3.jpg

3本くぐりにした後、まとめて元側を切る。


PC280080_kadomatu2.jpg

鉢植えバージョンその2。


マキ利用

モチ米を使って甘酒とモチを作ることに…。
セイロで蒸す燃料は、先日来解体した栗枝木と今年掛干しに使った入替え用の竿竹だ。
両方とも最後まで活躍してくれる。




PC120012_kamado1.jpg

小さな小枝も乾燥している竿竹も実に良く燃える。
火力はかなりのものだが、長続きしないので、カマドにしょっちゅうくべるために、
いつも側にいる必要がある。
ちょうど今日は寒い日でいい暖の取り方だ。




PC120021_kamado2.jpg

昨夜から浸しておいたモチ米を二回に分けて蒸す。




PC120026_tuku.jpg

蒸し終えたモチ米は、「餅つき機」を使ってつく。




PC120028_ama1.jpg

モチ米と米麹と混ぜてパックに詰めた甘酒。
(カミさんがあらかじめ白米から麹菌を作っておいた)




PC120031_moti1.jpg

よもぎ餅と白餅と2種類を丸める。



味噌造り(その3-味噌の出来上がり)

miso_1.jpg


予め申し込んであった地域のセンターで、蒸して混ぜて味噌造りの完成の時だ。

朝、カミさん達を大豆、麦麹などと共に送り届けた後、昼前に迎えに行くと出来上がっていた。


DSCN9847_miso_kan.jpg

黒大豆が入った我が家特製のオリジナル味噌だ。



DSCN9862_kasi.jpg

今回も2種類の菓子を味噌造りと共に創ってあった。
一つは甘納豆入り、もう一つはシフォンケーキみたいにふんわりしたふくれ菓子だ。



味噌造り(その2-味噌の主役達)

まずは、味噌造りの主役達をあげておこう。



DSC_2009_misokouji1.jpg

種麹菌と混ぜて発酵してきた鹿児島産麦。



DSC_2013_misokouji2.jpg

雪が降ったみたいに綺麗な麦麹に変身。



DSC_2029_mugi3.jpg

塩を混ぜて発酵を押えられる。



DSC_2035_daizu1.jpg

白、緑、黒と賑やかな大豆。



DSC_2032_daizu2.jpg

全て自家産の大豆達、輝く畑の宝石のようだ



ふくれ菓子造り

味噌用の麦麹造りのおまけで蒸したふくれ菓子造り。



PA280043_kasi1.jpg
↑黒砂糖、小麦粉、重曹を混ぜて、


PA280045_kasi2.jpg
↑セイロの中の小さめな枠の中に流し込む。


PA280056_kasi3.jpg
↑蒸すこと20分強でふくれ菓子に。


DSCN9794_kasi4.jpg
↑黒砂糖の量で色違いのふくれ菓子が、柔らかくて旨い。



PA280062_yakiimo1.jpg
↑しかし、カマドの中に置いただけの、なんにも手を加えない
天然の焼き芋(紅ハルカ)の美味さには、かなわないだろうか…。




味噌造り(その1)

朝から雨。
それでも、今日麦麹を仕込む予定だったので、移動式かまどを丸太駐車場に用意して開始。


PA280007_m1.jpg
↑移動式かまど(軽量ブロックの囲みだけだが…)は設置場所を選ばない。


PA280012_m3.jpg
↑釜も大きいしセイロ一段10Kgの麦も簡単に蒸される。



PA280042_m2.jpg
↑隣の軽トラ荷台が作業場に早変わり、結構便利だ。



PA280033_kouji.jpg
↑種麹菌と良くかき混ぜる。



PA280052_m5.jpg
↑室蓋に移してしばらく発酵を待つことになる。
手前のセイロは、ふくれ菓子…。