• 10月とは思えない程の日中の気温だ。天日掛干しから約10日、ハーベスタを持ち込んで脱穀を開始。--------------- 5日 ----------------------棚田の脱穀8時前家を出て、棚田の掛けていたビニールを外し朝露の乾き具合を見て、9:20開始。ハーベスタでの脱穀を終えて、米袋を積んで12時に家に着。(台風も来ず、晴天が続いたから米袋(30Kg)は、昨年より3袋多)再度、3脚、2脚、竿竹を積みに棚田へ。必要なワラは残し、残りは来年の... 続きを読む
  • 4枚田のモチ米だけ残した稲刈りを今日やった。10時頃までは朝露でびっしょりなので、12時から開始。ビニール掛けまで終了は15:45。(ビニールを掛けないと、雨や朝露で逆さにした根元から水が入り、乾燥が遅くなる)... 続きを読む
  • 当初、29,30日を稲刈り予定にしていたが、台風接近の予報で急遽早めた。--------------- 25日 ----------------------竹運び1)3脚、2脚を軽トラへ積込み、8:30棚田へ出発2)2回目の4枚田への竹運び10:55終了3)午後から棚田を約2/3刈取り、1列だけ稲架を立てる 帰宅17時--------------- 26日 ----------------------8時出発、棚田稲架立て、残り刈取り & 午後No3刈取りビニール掛後の棚田帰宅17時半--------------- 2... 続きを読む
  • 15日に4枚田にスズメ除けテープを張り巡らした。今年は、テープが丁度いい長さ残ったので、モチ米にも張った。出穂後の稲穂が柔らかく米汁のような時には、それを狙ってイノシシが田んぼに入り込むので、電気柵で防御が必要だ(田植え前から設置済み:右端)。そして、稲穂が固くなってくると、スズメが集団でやってくるので、脅し用にテープを張っている。案山子と同じで効き目があるかどうかは分からないが、行った時にはあまり... 続きを読む
  • 穂がくろづってきた、又は、くろんじてきた。(「俯(うつむ)く」の鹿児島弁だ、この辺ではよく使われる)家の田んぼは、まだ緑が濃いが、今月中頃には、稲刈りが始まるところも出そうだ。家にはちょっと遅めのモチ米もあるので、末頃からだろうか…。大きな台風が来なければいいのだが…。... 続きを読む
  • 雨が続いていた空も、今までの憂鬱さを取り戻すかのように、ガンガンに太陽を浴びせている。小まめに刈ってる電柵下を除き、出穂前後の頃は、田んぼに入らないようにしており、約一月ぶりの畦、土手の草刈りだった。それも、午後の夕方近くを選んだので、棚田、4枚田と三日間に渡った。... 続きを読む
  • 日本列島に停滞した前線の影響で雨が続いていたが、久しぶりの晴れ間であった。田んぼの稲も2~3割ほどに出穂が見られる。棚田の稲穂No3とNo2、この距離だと分からないが、No3の出穂、例によってNo4のモチ米はまだのようだ。... 続きを読む
  • 大暑 「厚さが最もきびしい時期。梅雨が明け、快晴の日も多い。夏の土用はこの頃」棚田では土用干しが始まり、水路の水が止められた。もう8月の半ばには出穂が見られるはずだ。棚田の田んぼ:いつものことだが、我が家の田んぼは緑が濃い。畦の草刈りを済ませた直後のNo3No2とNo3No4:モチ米... 続きを読む
  • 小暑: 「梅雨が明け始めて、次第に暑さがきびしくなってくる時期」梅雨明け宣言はまだないが、雨は降らなくなってきた。土手や畦の草も勢いが激しく、夏の草刈り間隔も短く成ってくる。それでも田んぼに行くと、川沿いを通り抜ける風で、汗を吹き飛ばしてくれそう。棚田も全ての田植えを終へ緑一色となったと共に、昼間の人影は無くなった。有るのは、澄み渡る青空と白の入道雲と、田んぼの緑だけとなってゆく。... 続きを読む
  • 田植えから4週間の稲の生長状況。今年の苗は長めでも、細くて如何にも頼りなかったのに、ちゃんと大きくなっていくのだ。<棚田><No3><No2><No4:モチ米>... 続きを読む
  • 田植えから7日目の棚田の現風景。田植えまでは人の往来が多かったが、現在は数カ所を残すだけとなり、静かになった。梅雨の合間であるが、気温の上昇は激しい、本来の夏を思わせる。今年の梅雨は、例年より長く続くとの予報である、その分涼しさがあるので、いいかも。近辺の地域では、これからの田植えが殆どである、早く終えてちょっと得した気分になる…。... 続きを読む
  • 田植えから数日は雨が続いたが、その後、気温が上がり梅雨の晴れ間が拡がる。水口が詰まってないか、水の高さはどうか、毎日の日課だ。段になって居るNo2,No3は、No2の出水口がNo3の取水口になるので、水位の調整が微妙だ。現状の田んぼ仕事は見回りが主な仕事で、稲の生長に任せるのみで、特に手をかける事は少なく楽になった。水の張った田んぼの畦を、水漏れがないか確認しながら歩くのは、気持ち安らぐ一時でもある。... 続きを読む
  • いよいよ田植え、この日のためにいろいろ準備をしてきた。田起しに始まって、草刈り、畦塗り、代かき、水調整などなど…。明日から雨の予報だったので2日をターゲットに逆算しての田植え準備だった。田植え前日(1日)に、稲苗を畦に運び準備。箱が赤色は、モチ米用(さつま絹)苗、その他はヒノヒカリ、いずれもJAより予約購入。No3田植え直後。No4田植え直後、モチ米用。年に1回だけ出番の泥まみれになって活躍した歩行型2条... 続きを読む
  • 中代かき後、水を入れ3日置き、最後の植代かき(本代)をやった。5/30:植代かき後、止めていた水口を開け、水を入れ3時間後の棚田。5/28:植代かき前のNo2、左側パイプ(50ΦVU管 2m×9本=18m)は、急遽設置。左No1田は、今回は作らない。5/30:植代かき後のNo2。今回、約9cm角の木材を均平バーとして自作してロータリーで牽引してみた。植代かき前日にネットで調べ、納屋に置いていた3mの2×4材を半分にし、重ねて9×8cm角材とし... 続きを読む
  • 激しい雨が数日続いている。晴れ間を見つけて代かきして、水を入れた。22日:畦塗りして、土手の草刈り。26日:前日(25日)にJA水稲一発君を撒き、棚田の代かき。向こうには、本代かき(植え代かき)して、田植えを待つ田も見られる。26日:4枚田の代かき前。No4の代かき後。4枚田は、No2,No4,No3と進めていく。朝、7時に家を出て、棚田、4枚田と進めて、田んぼを後にしたのが12時前。午後には、再度、田んぼに... 続きを読む
  • ここ暫く、雨が続いている。今年の梅雨入り(11日)は、1951年に統計を取り始めてから、2番目の早さで、平年より19日も早いとか。田植えまでの準備が、ちょっと滞っている。昨日、久しぶりに雨が止み曇り空になったので、4枚田のNo2,3の畦塗りをやった。田んぼの中はぬかるんだ状態だが、鍬で畦を削り、長靴で押しつけた後、鍬で強くなでていくと、泥を伸す、すなわち壁塗り状態になり、ちょうどいい具合の畦塗りとなった。しかし... 続きを読む
  • 9日は棚田の、10日は4枚田の水路のヤブ掃いだった。棚田の水路に関しては、距離が長いけど人数が多いので、例年通りの作業で終わった。4枚田の方は、田んぼの水を使う人は7人で、今日の参加者は5人だけだった。(当日参加出来ない場合は、前もってやれる範囲でヤブを掃っておく)しかも、イノシシが土手を崩しており、水路には土砂が溜まり、土上げは大変な作業である。木の根や竹やらが、湿った土に絡みつき、堆積しているので... 続きを読む
  • 4枚田の2段目から3段目に落ちる出水口の再設置工事をやった。入口側の管の下に、水と土が流れ込まないようにするために、このような板材を作った。まず、2枚の板を繋いだ後、設置する管が径15cmなので、トリマで円形に切り抜いた。2段目から3段目への出水口はすでにあったのだが、端にあるのと流れの調整がうまくいかなかったので、スコップを立てている場所に、使ってない古い管を利用して新たに作ることにした。畦を掘った... 続きを読む
  • 26日朝7時、トラクターで田んぼへ向かう。県道が昨年の災害で復旧中のため、集落近くから谷へ降り、田んぼ用水路に沿ってのんびり進む。通常ルートで軽トラだと7,8分だが、結局、4枚田に着くのに50分強も掛かった。まず、No2から開始、次に下段のNo3のレンゲの中を突き進んでゆく。4枚田を終えたのが、10時15分、この後、棚田に向かう。トラクターの回転で土がえぐられるのを避けるのとスピードを落とさないで回るため、棚田の... 続きを読む
  • 今年の田んぼ仕事を始める。近隣の田んぼでは田起しが見られるが、我が家ではレンゲをはやしているので、もうちょっと後になるだろう。荒起しの前に、畦の草刈りを4枚田からやった。昨年の稲刈り前が最後の草刈りだったので、大分伸びて畦との境が分からぬほどだった。昔はどこもレンゲを植えていたそうだが、最近は冬の間でも田起しを何度もやっているので殆ど見られない。レンゲをはやしていると、田起しの時にトラクターの刃に... 続きを読む

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター