大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



電柵

イノシシ侵入に対する電柵なら今の時期必要ない。
大雨が続いて増水になると水門が自動的に解放となり、田んぼで使う水路に水が来なくなる。

そうなると田んぼの水がなくなり、動物が中に入りやすくなる。
4枚田の一番上の田んぼには、そういう形跡があり、どうもウサギが幼い稲の葉を食いちぎっているようだ。
一番上と二番目にその状況が多く見られる。

稲は少々ちぎられても復元する強さがあるのだが、こんなに毎回やられては成長しなくなってしまう。
今年は早めに電柵を設置して小動物の侵入に対応してみることにした。



IMG_20200702_125807233_den1.jpg

何時もの場所にソーラー&バッテリーを設置。



IMG_20200702_130100625_den2.jpg

まだ、2回目のヤブ払いが終わっていない水路横であるが、皆さんには気をつけて作業してもらおう。
電柵は本来なら1年中設置しておくのが理想的な使い方であるが、
草が伸びて線に触れるようになると漏電して効果が減少する。
その対応で草刈りをしょっちゅうやることになり手間が掛かるのだ。



大雨後の水門

梅雨時期ではあるが、台風並みの風と豪雨が続いた。
そういう後は、田んぼへの水路の引き込み元である水門が詰まる。
今年の水守のIさんから招集がかかり、皆で取除く作業だ。
今年はこれで2回目だろうか。


IMG_20200701_081514152_gate1.jpg

昨年の台風時以来水のルートが変わっており、竹林が根ごとえぐり取られ、
水路の引込口を塞いだのだ。
取りかかる前は、こんな大きなものを果たしてどれだけ時間が掛かるのかと、
いつも思うが、皆で少しずつ根気よくやり続ければなんとかなるのだ。



IMG_20200701_093857918_gate2.jpg

雨が続いて家に居る時間が多くなり体が鈍った身には、
全身汗びっしょりの体力仕事は、丁度いいのかも知れない。

この後、我が家の田んぼへの入口が大きな倒木で塞がれていたので、更なる力仕事が待っていた。



田んぼ風景


IMG_20200622_090238342_500.jpg

水中の生き物達と共に育ってゆく。



IMG_20200622_085726866_500.jpg

朝露と水辺の蜘蛛の糸。



IMG_20200622_091038726_500.jpg

田んぼの記念碑も見守る。



IMG_20200622_091134913_500.jpg

下に拡がる棚田。



IMG_20200622_093955765_500.jpg

西には高隈山。



棚田の様子


IMG_20200617_135949872_500.jpg

田植え後、約2週間、棚田も殆どで田植えが終わっている。



IMG_20200617_140245334_500.jpg

代かき前の草刈りから最初の草刈り(16日)



IMG_20200617_140140734_500.jpg

雨が続いて水路の水が止まり、中に入って土手の草刈りができた。
その後、水を入れた、この後も暫く雨が続く予報だ。
田植えが終われば、田の水調整に、そんなに気を遣う必要はない。



田植え後(5日目)


IMG_20200607_083021_no3.jpg

たった5日しかたってないのに、大きくなったような気がする…。



IMG_20200607_082928_no4.jpg

モチ米苗は、うるち米より若干大きめだった。
最終的には、背丈は追い越されるのだ。



IMG_20200607_083237_no1234.jpg

雨上がりの朝の田んぼ、田んぼには水が似合う。



田植え

田植えが終わった。
約2ヶ月間の田植え前の作業が結実した日だ。


IMG_20200601_161219_nae.jpg

2日:JAに依頼していた苗箱を取りに行き、一時4枚田におく。



IMG_20200602_090345_taue_1.jpg

3日:朝、6時半頃に家を出て、
No4->No3->No1->No2と歩行型2条田植機で植付ける。
昨夕、水口を絞っていたせいか、水加減は丁度だった。
カミさんと補植を終え家に着いたのは12時。


IMG_20200602_161124_taue_2.jpg

3日:こちらは、30cm間隔で植付けを頼んだ棚田。
こちらも、午前中で植付けてあった。
水を前日止めて4枚田に行くときに水口を開き、水加減しておいた。



植代かき

30日朝7時トラクタ家出発、まず4枚田に向かう。
水加減の良いNo4田から始め、No3,No1,No2と終え、棚田に向かい、全終了12時。
時折雨がぱらつく、鹿児島地方梅雨入り。



IMG_20200530_152403_no4.jpg

No4田



IMG_20200530_152358_no123.jpg

No1,2,3田



IMG_20200530_115558_tana.jpg

棚田:代かき終了直後、水が多めだったが実行。



水入れ

25,26日の田んぼ作業は、今季初の水入れだった。


IMG_20200525_170957_hiryo.jpg

25日:肥料をバケツに分けて歩いて振りまく



IMG_20200526_090141_kaka.jpg

26日:早朝からトラクターで耕耘



IMG_20200526_121420_mizu.jpg

26日:トラクターを置いてきて、軽トラで再度田んぼへ、水口を開く



P5270005_tana.jpg

27日:水を溜めた棚田



P5270007_no123.jpg

27日:同様に作業を進めた4枚田の今朝の状態



補修&畦塗り

IMG_20200519_095055_hos1.jpg

一、二段目田んぼにトラクタで出入りする通路を、
イノシシが掘り返したりして斜めになっていたので補修した。



IMG_20200519_095125_hos3.jpg

トラクタで通る時も、丁度の巾しかないので運転は慎重にならざるを得ない。
土手側土を削りかつ平にし、それを土嚢袋に詰め、杭を打って土留とした。



IMG_20200519_160552_aze.jpg

今回の畦塗りは、畦側を鍬で削り取り、土は畦に乗せ、水漏れを防ぐべく鍬で塗っていくだけにした。
昨日までの雨で、土が湿っていて巧く壁塗り状態にしやすかったと思う。



IMG_20200519_161717_aze.jpg

以前はもっと丁寧にやっていたが、この作業が田植え前で一番疲れる。
棚田の方では、殆どがトラクタに畦塗り機を取付けてコンクリートの壁をつくる。
(いずれにしても、水を入れてからもモグラが穴を掘って、水漏れを起す場所を作るのだが…)



溝払い

IMG_20200512_102750_mizo1.jpg

10日(5月第2日曜日)は棚田の溝払いで、今日は4枚田の方だった。
昨年の稲刈り後、止めていた水路の開通のため、周囲のヤブを払い、
溜まっていた泥を上げて水門を開けて、水を通す作業を水路を使う7人でやった。



IMG_20200512_110410_mizo2.jpg

田んぼを作っている人達で田植えの始まる前の5月と、真夏の7月にやるヤブ払いである。



IMG_20200512_110355_mizo3.jpg

こちらの4枚田には、古参竹(こさんだけ)が水路沿いに生えている。
サルにもイノシシにも狙われる竹の子でもある。



IMG_20200512_114107_mizo4.jpg

刈払機で切り落とされるのもあるが、作業が終わってから竹林に入って何人かは持って帰る。
古参竹は細長いタケノコで、エグミが少なく、あくがほとんどないので、皮むきをして、すぐに料理に使える。



2回目カカジル

田んぼの畦の草刈りを前日にやった。


IMG_20200505_katakake.jpg

最初に譲受けた刈払機がとうとう動かなくなったので、先日新しいのを買った。
こちらの方は紐カッター専用とする1台で肩掛け式(RYOBI)の比較的安価のを選んだ。

使い心地を試す上で棚田、4枚田と一気にやったが、
紐カッターでは、そんなに左右に動かさなくていいので肩掛け式で充分である。



IMG_20200506_115114_no4.jpg

今回、トラクタでカカジルのに畦際まで進めないで、前輪が回転できる所ギリギリでロータリを上げ(橙色)、
そのままのスピードで6,7間を開けてグルグル周り、最後にマクラを回って仕上げる耕耘に変えたら、
大幅な時間短縮になるし、隣接耕耘に起こる後輪タイヤのえぐりが少なくなった。



IMG_20200506_115203_no123.jpg

No1,2は狭いので、1回回った後、バック式で耕耘、
No3は、最初にマクラ部を回った後、No4と同じやり方だが左回転でやった。



IMG_20200506_094635_tana.jpg

こちらは最初にやった棚田。
8時半に家を出て、9時頃から棚田を始め、終了したのが、9:46(前回より1時間近く短縮)、
その後、4枚田に移動したが、午前中には全て終了できた。



カカジル

先日、畦周りの草刈りをして、中との境目を明確にしていた田んぼの田起しをやった。
(カカジルとは、背中を掻くのと同じ意味で、トラクタのロータリーにつけた回転刃で、
土を掘り返すことをさすこちらでの方言だ)
朝、8時半に出て棚田、4枚田と移動し、カカジリ終えるまで5時間半。



IMG_20200418_102939_500.jpg
↑棚田



IMG_20200418_125406_500.jpg
↑レンゲ草の中を突き進んで行く。
レンゲ蜜は蜂蜜では高級ランクだし、この田んぼにもサルが群れを成して花の蜜を舐めに来る様な甘さだ。
家の田んぼは、緑肥として漉き込んでいる(欠点は、草など茎が絡みつくことだろうか)
今回は棚田もこの4枚田も左回りで、グルグルと卍型のように進めた。



IMG_20200418_134453_500.jpg

昼はここでおにぎりタイムだった、全部終えたのは、13時44分。



田んぼ仕事

P4130009_renge.jpg

棚田も4枚田も、昨年の中代かきの時に蒔いた種でレンゲ畑化している。



IMG_20200414_103141_tana1.jpg

6月始めには、この辺りで田植えが始まる。
我が家の今年の田んぼ作業は、14日の草刈りからだった。
レンゲが種をつけるまで、荒起しをしないので、どうしても家の田んぼだけ緑が残る。



IMG_20200415_120714_tana3.jpg

畦の草刈りをした次の日、昨年来はびこっていた茅の土手焼きをやった。



IMG_20200415_105228_no123.jpg

4枚田も同様に畦の草刈りが初仕事だ。
これから荒起しから始まり、6月の田植えまで、田んぼに来ることが増えるだろう。



脱穀

9,10日で棚田、4枚田の脱穀をやった。

--------- 9日 -----------

朝はもう少しで雨がぱらつきそうな日和だったが、午後は晴れ間が拡がった。
8時頃、軽トラにハーベスタを積み出発、9時脱穀開始。

IMG_20191008_132906_tana.jpg

ハーベスタは明日のために4枚田に移動、米を運び、最後の竹運搬は13:30。


--------- 10日 ----------

8時頃出発、スズメテープ、ビニール外しなど前準備後、10時頃脱穀開始。
No2,No3,No4(モチ米)の順に進めてゆく。



IMG_20191009_104552_no3.jpg

一人でハーベスタを移動させながら脱穀、もう一人は取り終えた竹を片付ける。




IMG_20191009_150741_no3.jpg

まずハーベスタを、次に米を運び終え、段々と寂しくなっていく。



IMG_20191009_154632_take.jpg

最後の竹を運ぼうとする時点で15:40。
その後、納屋に竹を格納、ハーベスタの清掃後、全て終了は18:00。


棚田の稲架かけ


稲刈りを終え、天日掛干しも2週間が過ぎようとしている。


PA070012_t2.jpg


またまた、台風も近づいているようだし、そろそろ脱穀の時期だ。


PA070010_t1.jpg


水分測定器で試しに水分量を測ってみると、棚田で15.5%、4枚田16~18%。


PA070013_t3.jpg


殆どがコンバイン刈り&機械乾燥になっている、人手と手間を考えると仕方がないか。


PA070016_t4.jpg



掛干し中もじっくり熟成してゆく天日乾燥の米を食する人達も少なくなると言うことか…。



棚田

天日掛干しの風景も少なくなってゆく。

全てがコンバイン刈り、機械乾燥となり、田んぼが地肌むき出しの風景となるのも
近い将来そう遠くないだろう。



IMG_20190929_151505_tana.jpg

稲刈りが残っている黄金色の田は、全てコンバイン刈りとなるはずだ。




P9280011_tana.jpg

棚田を下方から見た風景。



稲刈り

予定していた日より早くなったが、稲刈りを開始した。
予定の日から雨の予報だったので、これ以上雨に打たれて穂が地面に着くようになると、
刈り取るのにもやっかいなので前倒しにした。

<---23日--->

IMG_20190923_160651_take.jpg

急遽午後、、掛干し用の竹竿や3脚、2脚を運ぶ。
棚田と4枚田の2箇所に分かれるので、それぞれの必要本数を分けて軽トラで運搬。



<---24日--->

P9250004_ine_tana.jpg

10時棚田着、稲刈機で刈った後、稲架立て、掛け干し、最後にビニール掛けと
何時もの手順で進める。





P9250005_ine_no3.jpg

棚田を終えた後、明日に備えてNo3の刈取りだけを済ませておく。
午後5時頃から開始、日が沈むとこの辺り真っ暗闇になる(帰宅:午後6:40)





<---25、26日--->


IMG_20190926_121843_no23.jpg

1日経つと掛けた稲の緑の違いがでる。




IMG_20190926_122134_no4.jpg

No4から全体を望む


25日:午後7時前、26日:12時半終了

短期間で終えた稲刈りだった。
足も腕も使う、水分補給はしょっちゅうだし、エネルギー切れを起しそうだった。



台風17号の爪痕


東シナ海を通った17号だったが、大隅半島でも一時暴風雨だった。
田んぼでも刈取り前の稲が、倒されたり寝かされたりと風の爪痕が残った。



IMG_20190922_145004_tana.jpg

<棚田:風の爪痕が残る>




IMG_20190922_143300_no1.jpg

<No1:風が渦巻いていた様子がわかる>



IMG_20190922_143240_no23.jpg

<No2,3:No2は中央が、No3は土手近くの端が倒れかかる>




IMG_20190922_143808_no4.jpg

<No4:モチ米は部分的に倒れている>




IMG_20190923_111231_no4_2.jpg

<完全に倒れていたモチ米の数株をお互いにワラで括り立たせる>


モチ米用水口

4枚田のモチ米用水口に流れてきた葉っぱが引っかかり、毎日の様に取除いていた。

水路からの吸い込み口が小さく、大きな葉っぱがその口を塞ぐと水が田んぼに流れなくなるのだ。
吸い込み量は、バルブをつけて調整出来るようにしているが、水量を増やしても減らして詰まるのだ。

稲刈りまでに水を流し続ける期間は、そんなに長くないが来年のためにもこの際改造した。



DSCF4034_mina1.jpg

ステンレス棚として使われていたのを残していたので、それに端材で補強した。



DSCF4036_mina2.jpg

1mの鉄筋を30cmの水路にはまり込むようにややU字型にして、金網を被せたカバーに
穴を開けて固定できるようにする。




P9170005_setti.jpg

実際の水口に取付けた状態。
田んぼに持っていって若干の修正があるかもと思っていたが、そのままでOKだった。
左下にあるのが、今までつけていた水口カバー。



P9170019_tombo.jpg

田んぼには赤とんぼがいつも飛んでいるが、たまたま、目の前の支柱に止まったので。



棚田風景

現在の棚田の全景。




P9110018_tana1.jpg

<棚田への出入口からすぐに下側に拡がる田んぼ群>




P9110036_tana2.jpg

<東から西側を望む>




P9110027_tana3.jpg

<棚田の上段の水路に沿って路がある>




P9110028_tana4.jpg

<後ろの山々が高隈山、中央上段のやや右に見える濃い緑が我が家の田んぼ>




P9110042_tana5.jpg

<棚田を降りきった所には串良川が流れる>