• 今年の秋、冬野菜は、種を蒔いて直ぐにべた掛けで育てている。9月中頃に、青首総太り/青首丸尻/サラダ紅大根、チンゲンサイ、ビタミン菜、のらぼー菜など、種を蒔いた。例年、芽が出た頃を虫に食われることが多かったので、べた掛けをやることにした。↑最初は、全て黒の寒冷紗を掛けていたが、途中から上のように試すことにした。一番右から、白の寒冷紗、黒の寒冷紗、べた掛けを外した畝、そして、左3つは、白の防虫ネットを被せ... 続きを読む
  • 2月に丸坊主で地植えした当時80cm程だったプルメリアは、今、葉が生い茂り倍の160cm程に成長している。プルメリア新しい枝葉が多数生えてきて、頭が重くなって本体の茎が倒れそうで、2回目の補強をやった。さらに上の方にも、ワラ縄で輪を作りそれを後ろ左右から引っ張っている。冬には葉を落とすので、ワラで囲んで寒さをしのげるようにと考えている。... 続きを読む
  • 10月とは思えない程の日中の気温だ。天日掛干しから約10日、ハーベスタを持ち込んで脱穀を開始。--------------- 5日 ----------------------棚田の脱穀8時前家を出て、棚田の掛けていたビニールを外し朝露の乾き具合を見て、9:20開始。ハーベスタでの脱穀を終えて、米袋を積んで12時に家に着。(台風も来ず、晴天が続いたから米袋(30Kg)は、昨年より3袋多)再度、3脚、2脚、竿竹を積みに棚田へ。必要なワラは残し、残りは来年の... 続きを読む
  • 4枚田のモチ米だけ残した稲刈りを今日やった。10時頃までは朝露でびっしょりなので、12時から開始。ビニール掛けまで終了は15:45。(ビニールを掛けないと、雨や朝露で逆さにした根元から水が入り、乾燥が遅くなる)... 続きを読む
  • 当初、29,30日を稲刈り予定にしていたが、台風接近の予報で急遽早めた。--------------- 25日 ----------------------竹運び1)3脚、2脚を軽トラへ積込み、8:30棚田へ出発2)2回目の4枚田への竹運び10:55終了3)午後から棚田を約2/3刈取り、1列だけ稲架を立てる 帰宅17時--------------- 26日 ----------------------8時出発、棚田稲架立て、残り刈取り & 午後No3刈取りビニール掛後の棚田帰宅17時半--------------- 2... 続きを読む
  • 15日に4枚田にスズメ除けテープを張り巡らした。今年は、テープが丁度いい長さ残ったので、モチ米にも張った。出穂後の稲穂が柔らかく米汁のような時には、それを狙ってイノシシが田んぼに入り込むので、電気柵で防御が必要だ(田植え前から設置済み:右端)。そして、稲穂が固くなってくると、スズメが集団でやってくるので、脅し用にテープを張っている。案山子と同じで効き目があるかどうかは分からないが、行った時にはあまり... 続きを読む
  • 台風14号の直接的な風の影響はないが、断続的に雨が降り続いている。秋冬野菜の植え付けを考えているがままならない。体を動かしたいが…、雨の中を傘を差して長靴履いて徘徊するのも何だし。家周りの写真でも撮ってみる。... 続きを読む
  • 穂がくろづってきた、又は、くろんじてきた。(「俯(うつむ)く」の鹿児島弁だ、この辺ではよく使われる)家の田んぼは、まだ緑が濃いが、今月中頃には、稲刈りが始まるところも出そうだ。家にはちょっと遅めのモチ米もあるので、末頃からだろうか…。大きな台風が来なければいいのだが…。... 続きを読む
  • 近場しか出かけない生活が続いているが、2人+1匹で、大隅半島の南端、佐多岬に行ってみた。南大隅町が買い取ってから初めての佐多岬は、遊歩道や展望台が新しく整備されていた。又途中の佐多街道も長いトンネルや、展望箇所が出来たり、車の通行も少なく快適なドライブとなった。<佐多街道沿いから対岸の薩摩半島南端の開聞岳><公園駐車場の入口で待ち受けるガジュマル><佐多岬全貌を見渡せる新設の展望台より、島影は硫黄島... 続きを読む
  • 雨が続いていた空も、今までの憂鬱さを取り戻すかのように、ガンガンに太陽を浴びせている。小まめに刈ってる電柵下を除き、出穂前後の頃は、田んぼに入らないようにしており、約一月ぶりの畦、土手の草刈りだった。それも、午後の夕方近くを選んだので、棚田、4枚田と三日間に渡った。... 続きを読む
  • 日本列島に停滞した前線の影響で雨が続いていたが、久しぶりの晴れ間であった。田んぼの稲も2~3割ほどに出穂が見られる。棚田の稲穂No3とNo2、この距離だと分からないが、No3の出穂、例によってNo4のモチ米はまだのようだ。... 続きを読む
  • 梅雨末期の気圧配置で暴風雨の状態が続く。鹿児島県もコロナ感染者が増え続けている。不要不急の外出の自粛を呼びかけられているが、そもそもこの風雨では出る気にならない。しばらく、田んぼにも行ってないが、もう出穂の頃だ。穂が出て重くなってくると、風で倒れることが心配だがどうなんだろう…。ちゃんと3粒とも芽が出たようだし、寒冷紗のトンネルで風の影響を受けてないようだ。... 続きを読む
  • 毎年、サツマイモと黒大豆の位置を交互に替えて育てている畑に、耕耘機で耕し(3日)、畝立て(5日)して黒大豆の種を蒔いた(5,6日)。黒大豆は、一晩、冷蔵庫で寝かした後、条蒔した。昨年までは、種をある程度選別したが、今年は3粒づつ、約20cm間隔で播くことで、土に選別してもらう。畝は7つ作り、5畝は黒寒冷紗、2畝は白寒冷紗を発芽まではべた置きする。シシトウ、ピーマンナスオクラニガウリ... 続きを読む
  • 昨日、久しぶりまとまった雨が降った。今朝は、広い畑が生暖かさと共に深い霧に覆われていた。小屋の周りも、Mさん畑も、上がった所の台地一面が霞んでいる。朝散歩のTさん家のワンちゃん達。... 続きを読む
  • 大暑 「厚さが最もきびしい時期。梅雨が明け、快晴の日も多い。夏の土用はこの頃」棚田では土用干しが始まり、水路の水が止められた。もう8月の半ばには出穂が見られるはずだ。棚田の田んぼ:いつものことだが、我が家の田んぼは緑が濃い。畦の草刈りを済ませた直後のNo3No2とNo3No4:モチ米... 続きを読む

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター